辛いpmsの症状は治療で治せます~ゲンキ100倍ナビ~

女性

女性特有のイライラを改善

女性

pmsは生理に伴う女性ホルモンの乱れが原因で起こるため、女性ホルモンに似た働きをするサプリメントが治療に用いられます。チェストベリーや月見草エキスなど、天然素材を用いた安全・安心なサプリに人気があります。

生理前後の不快な症状とは

女性

pms、つまり月経前症候群はそのまま放置することによって不快な症状が悪化したり、その他の病気を引き起こす可能性もあります。治療にはホルモン療法というピルを使用した方法や食事療法が一般的です。

生理前につらくなったら

生理で辛いと感じているなら、PMSの症状を把握できるこちらを利用しましょう。原因なども分かるので対策ができます。

基礎体温でチェックできる

女性

pmsとは月経前症候群のことです。女性は生理が近づいてくると、気分的にイライラしたり、反対に落ち込んだりします。便秘や肌荒れとともに、人によっては乳房が張ったり痛んだりすることもあります。その原因は、排卵から生理にかけて分泌される黄体ホルモンの作用によると見られています。ただし原因がはっきりとわかっているわけではありません。現代社会では、外で働くにせよ主婦業に専念するにせよ、女性は多くのストレスを抱えて暮らしています。pmsは婦人科を受診すれば適切な治療をしてもらえますが、イライラや便秘・肌荒れなどの症状は、pmsによるものか見分けがつきにくいものです。そこでおすすめなのは、基礎体温計を活用して毎日基礎体温をつけてみることです。女性は生理前約2週間ごろに基礎体温の高温期を迎えます。自分の高温期を把握しておけば、pmsと確実に判断でき、治療を受けるなどの対処がしやすくなります。

治すにはどんな方法が

pmsは女性ホルモンが原因のひとつといわれているため、治療としては低容量のピルを使う方法が一般的です。イライラや落ち込みなど精神的な症状には、抗うつ剤が用いられ、痛みがひどい場合は鎮痛薬も使われます。治療で処方される医薬品以外でも、サプリなどを利用して症状を改善することも可能です。pmsには、月見草やチェストベリーといった植物エキスが効果があるといわれています。チェストベリーとはチェストツリーと呼ばれる木の実で、女性のためのハーブとして近年注目されています。また、大豆などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、イソフラボンを含むサプリも数多く販売されています。pmsは心の状態にも大きく影響を受ける病気なので、サプリなどの力も借りながら、ゆったりとした気持ちでつきあっていけるようにしたいものです。

女性特有の症状の改善策

女性

pmsの治療を受けるには産婦人科や婦人科を受診する必要があります。中には受診に抵抗を感じてしまう人もいるかもしれませんが、pmsの治療はホルモン療法といってごくごく簡単な方法が用いられることが多いのでさほど不安に感じる必要はありません。